« システムズアプローチの研修準備を通して考えたこと | トップページ | オフィスでSMILEを開催! »

2014年10月29日 (水)

岩手県立総合教育センターでオートポイエーシス的な研修?!

 昨日とおとといと2日間、岩手県の総合教育センターで教育相談の研修講師を担当してきました。対象者は教育相談の長期研修をセンターでしている教員で、昨年の7月に引き続いての講座です。タイトルは「システムズアプローチの理論と実際【中級編】」。前日からセンター近くの温泉ホテル入りして、気合いを入れて〜温泉に入りました(笑)。いや、準備もがんばりましたよ。

 1日目は昨年のおさらいも兼ねて「システム」というものについて考えてもらったり、「ジョイニング」というシステムズアプローチでは重要な技法について、実習と講義を通して理解を深めてもらいました。参加者は皆現役の教員ですが、とても熱心で意欲的。鋭い質問も飛び交って、こちらもノリノリでこなすことができました。

 その日の夜は盛岡まで移動して懇親会。センターの主事の先生方と岩手の教育の未来について熱く(?)語り合いました。こちらも楽しかったですね〜

 さて、2日目は、前日のノリの良さから判断して、久々に「なし・なし研修」を行いました。何のことはない「パワーポイントなし。配布資料なし」のライブ感覚での研修のこと。その場の即興性が問われますが、参加者のニーズに叶った研修ができるというメリットもあるやり方です。予想通り、参加者からドンドン質問が出ること出ること。それらにやはり「熱く(笑)」応えながら進行していきました。 最後は公開コンサルテーションを行い、1人の先生が抱えている事例について、お話を聞かせていただきながら、今後の方針について語り合いました。それが終わった後の先生の表情を見る限りでは、まずまずお役に立てたかな〜? あらためて「なし・なし研修」のオートポイエーシス的(←これについてはいつかお話ししますね。)な感覚の良さを感じました。時々やっていきたいですね。

 研修の最後は三本締め(正確には駒澤大学心理学科伝統の「三段締め」←これについてもいつかお話ししますね。)でスッキリと終了。私にとっては満足感のある研修ができたと思えましたが、参加者の皆さんはいかがでしたでしょうか?

 終了後に研修担当の先生に新幹線の駅まで送っていただきながら、「来年もぜひ!」と言っていただけたのは、とても嬉しかったですね。ささやかながら、故郷の岩手の教員を応援できる仕事ができて、帰りの新幹線の中で、幸せと充実感を感じながら、一人乾杯をしました。

« システムズアプローチの研修準備を通して考えたこと | トップページ | オフィスでSMILEを開催! »

心理臨床でのもの思い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩手県立総合教育センターでオートポイエーシス的な研修?!:

« システムズアプローチの研修準備を通して考えたこと | トップページ | オフィスでSMILEを開催! »