« ロールプレイ授業の最終回 | トップページ | 年末の学び その2  »

2014年12月29日 (月)

年末の学び その1

 この年末は昨日まで研修中心の10日間でした。学びの復習も兼ねて1つずつ書いていきます。

 まずは12月21日(日)は、私のオフィスで「勇気づけ勉強会(ELM: Encouraging Leader's Manual)」を行いました。このELMはヒューマン・ギルドが開発された「30分で勇気づけの研修ができる!」というプログラム。私のオフィスでは今年の6月に引き続いての開催で、講師は臨床心理士の山口麻美さん。今回も前回の続きとして、第7章「行動には目的がある!」から第12章の「勇気づけに必要な態度と技術」までワークと講義で「勇気づけ」について、楽しく学べました。

  ELMのプログラムの良いところは、豊富でユニークな内容のワークをしながら体験的に学べるところかな。ELMの学びの流れ方もとても良くて、まずシートにある問題を自分で考えてから参加者でシェアし、それから講義を聞いて理論を学ぶ、という感じ。この一連の流れは、勉強するやり方として、とてもスムーズに体験的に理論などを理解できるので、とても良いですね! 自分が行う研修にもぜひ採用してみたいやり方だと思いました。講師の山口さんの穏やかなゆったりとした進行も心地よかったな〜(こちらは自称ADHDの中年オヤジの私にはとても真似できません!笑)  来年は私もこのELMのトレーナー養成講座にぜひ参加しようっと!

 翌日の22日(月)の夜は、「駒沢ブリーフサイコセラピー研究会」に講師として参加。研修のタイトルは「ブリーフセラピー体育の時間」 。今年の最後は体を動かして研修締め、というコンセプトです。といっても実際に運動をするのではなく、ペアになってブリーフセラピーの様々な技法による「会話練習」を行うというもの。この「会話練習」は私が行う研修のパターンの1つではありますが、この日は本来は4時間くらいかけてやるワークを90分に凝縮してやった感じですから、いつもよりだいぶテンポアップしてやったかな?  年末の忙しい時期に30名の方が参加して、本当に楽しそうに会話練習をやってくれました。 参加者の皆さん、お疲れ様でした!  
  研修後に一部の参加者と駒沢大学駅近くの居酒屋で懇親会を行いましたが、う〜ん、研修後の一杯はまた格別ですね! 懇親会に参加した一人の方と来年のオフィスでの研修会の企画も相談できたし、こちらもとても楽しい忘年会になりました。
 そして昨日まではヒューマンギルドでSMILEリーダー養成講座を3日間受講してきました。こちらの方はまたあらためて書きます。(年内には書きたいな〜笑)

« ロールプレイ授業の最終回 | トップページ | 年末の学び その2  »

アドラー心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95937/58408362

この記事へのトラックバック一覧です: 年末の学び その1:

« ロールプレイ授業の最終回 | トップページ | 年末の学び その2  »