« 保護者対応の講演会 | トップページ | ゼミ合宿と怒涛の研修週間 その2 »

2015年1月29日 (木)

怒涛の研修週間 その1

  今日から伊豆高原でゼミ合宿です。今はそこへ向かう伊豆急行の中。伊豆高原駅に着くまでやっとこのブログを書く時間がとれました。まずは先週のことから書いていきますね。

  先週は「怒涛の研修週間」でした。自分の学びのために1つずつ書いていきます。
まずは1月20日(火)は宮城県気仙沼市へ。昨年から続いている東北地方の自治体職員向けのメンタルヘルスセミナー講師として、気仙沼市役所職員に「職場のメンタルヘルス」のお話+グループワークを行いました。気仙沼には1月8日に一度行っていますが、2度目の訪問。お昼前に着いて、しっかりと美味しいお寿司を食べてのぞみました。実はこのセミナーはある会社からの依頼で行われていて、研修のパワーポイント資料はそこから与えられたものを使わなければいけないという制約があるのです。最初は戸惑いましたし、やりにくさを感じていたのですが、「あるやり方」に気づき、それからはまあやりやすくなりましたね。(「あるやり方」は企業秘密!?笑) グループワークと講義のバランスもこなれてきて、講師である私もゆとりを持っているせいか、参加者の皆さん楽しそうにワークをされていましたね。あとは出だしのアイスブレークをもう少し工夫するといいかなと思いました。その日は翌日の研修に備えて岩手県北上市に移動。北上の夜を楽しみました?!
  翌21日(水)は北上市役所で管理職向けのハラスメントセミナー。参加者は私と同じがそれ以上の年齢の方が約50名。以前だったらこのような状況は緊張したはずなのに、このような場に慣れたのでしょうか、緊張というよりも「この集団をどうのせようか」とワクワク感が不思議とありましたね。研修の最後の質疑応答でも1つだけ質問がありましたが、落ち着いて答えることができました。この感じでいつも研修にのぞめれば良いですね。何が良かったのかな? お昼の美味しいハンバーグのせいだけではないはず!(笑)  もう少し考えてみたいと思います。
  23日(金)はここ3年ほど関わっている北区の発達障害児のための関係機関連絡会議のスーパーバイザーのお仕事。まあ連絡会議というと、ロの字になって報告しあうという堅苦しいイメージがありますよね。そこで準備担当の方と事前に打ち合わせて、今度の会議は私がファシリテーターとなって、ワークショップ形式でやろうということになっていました。当日はしっかりと椅子だけにしてもらって、グループワークとロールプレイで2時間半。皆さん楽しそうにのりのりでワークをやっていて、途中から参加した北区の課長さんからも「いや〜良かった〜楽しかったです」と終了後に感想をいただけました。よかったよかった。このワークショップ形式(私はパワポなし資料なしの「なしなし研修」と呼んでいます)はまた北区からお呼びがかかるかもしれませんね〜。
  さらに24日と25日も続けて研修だったのですが〜その話は次の回にまわすことにしましょう。まあここまでも怒涛ですね〜
 

« 保護者対応の講演会 | トップページ | ゼミ合宿と怒涛の研修週間 その2 »

心理臨床でのもの思い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95937/58743322

この記事へのトラックバック一覧です: 怒涛の研修週間 その1:

« 保護者対応の講演会 | トップページ | ゼミ合宿と怒涛の研修週間 その2 »