« 怒涛の研修週間 その1 | トップページ | さあ2016年が始まりました! »

2015年1月31日 (土)

ゼミ合宿と怒涛の研修週間 その2

   今はゼミ合宿からの帰り、やはり伊豆急行の中からこのブログ書いてます。電車の中は格好の書斎ですね(笑)。

   今回のゼミ合宿は、4年生の卒業論文の発表会も兼ねたものでした。皆緊張しながらもしっかりと発表していて、かつ内容もどれも力作ばかり。今年の4年生は例年以上に意欲的な学生ばかりでしたね。八巻ゼミのOB・OGも5名が参加してくれて楽しく充実した合宿でした。さすがに毎晩夜遅くまでの飲み会には付き合いきれなかったけど。私は温泉につかって(合宿所の近くに日帰り温泉館がある!)少しゆっくりできたかな?
   さて、怒涛の研修週間の続きを。
   1月24日(土)は友人がやっている心理センターで家族療法&ブリーフセラピーの研修を担当しました。参加者は10名足らず。センターのスタッフも参加していましたが、ほとんどの方が家族療法やブリーフセラピーにほぼ初めて触れる方が多く、急遽準備していたプログラムを変更して行いました。もともと何となく「なしなし研修でいこう」と考えてのぞんだので、変更はスムーズにできました。ただまだまだ「なしなし研修」を参加者のニーズに合わせて構成できているかと思うと、満足できるものではありませんでした。もう少し参加者のニーズを把握する方法、例えば「〜ということについて皆さんどう考えますか?」と参加者にふっていくなど、参加者をうまく巻き込みながら研修を展開する方法を、もっとたくさん考えていく必要がありそうですね。研修後は懇親会を催してくださいましたが、翌日の研修の準備のために早めにお暇させていただきました。
   さて、翌25日(日)は、やまき心理臨床オフィス主催で、吉祥寺にあるKidsという研修機関を会場にして東京大学の森俊夫先生のワークショップを行いました。私は司会進行役を担当。今回は特別なワークショップでした。それは森先生ご自身はご病気で単調万全でないにもかかわらず、研修講師を引き受けてくださったからです。森先生の体調を考えて、森先生のオフィスでもあるKidsを会場に急遽変更しました。森先生を慕ってブリーフサイコセラピー学会のベテランの先生方も急な連絡にもかかわらず、7人も駆けつけてくださいました。本当にありがたかったです。主役の森先生は、体調が万全でないにもかかわらず、午前中から会場に来ていただいて、午後は最後には2時間以上もひとりで講義してくださいました。その話は森臨床の真髄とも言える話で、ここで要約して書く力量は残念ながら私にはありません。ただ会場には出版社の方も来ておられたので、おそらく森先生のお話はあとで本になることでしょう。それはとても楽しみです。森先生は研修後の懇親会までお付き合いいただいて、とても満足・幸せそうな感じでした。私も森先生の大切なお話をできるだけじゃませずにしっかりと語っていただくことができたかと思えて、まずまず無難に司会できたことで、正直終わった後はホッとしました。
   いや〜こうやって振り返ってみると、長いようであっという間のやはり怒涛の1週間でした。1つ1つの体験・経験をあらためてかみしめていきたいですね。
 

« 怒涛の研修週間 その1 | トップページ | さあ2016年が始まりました! »

ブリーフセラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼミ合宿と怒涛の研修週間 その2:

« 怒涛の研修週間 その1 | トップページ | さあ2016年が始まりました! »