« さあ2016年が始まりました! | トップページ

2016年1月 9日 (土)

ロールプレイの授業から学ぶもの

 昨日は今年度の大学院の授業「臨床心理面接特論」の最終回でした。

1年間(まあ正確に言うと10ヶ月間)ずっとロールプレイをやってきた授業でしたが、昨日の内容は、もともと3人1組の家族ロールを大学院生たちに作らせておいて、交代で15分間の家族面接を行っていくというもの。私もセラピスト役で加わって、15分面接を3回行いました。院生たちはセラピスト役と家族役を次々と交代でやっていくので、3時間近くやるともうヘトヘトの様子。当初はさらにもう1回ロールプレイをやる予定でしたが、変更して残りの1時間は、ゆっくりと家族ロール体験やセラピスト役体験を振り返りながら、1年間の授業も振り返って感想などを分かち合う時間にしました。院生一人ひとりの感想を聞いていても、私自身刺激を受けましたし、とても勉強になりましたね。幾つか列記してみます。
・面接相手の家族の中でセラピストにとって共感できない人(例えば、生理的に苦手な人や、価値観などが理解できない人)がいると、それを隠そうとしてもセラピストの振る舞いに現れてしまう。それを隠そうとせずに、「共感できない」=「情報不足」と考えて、もっとその人の事情を聴いていこうとすることが大事。
・この1年間「セラピストとしてコンテクストを把握することの大切さ」を学んだが、コンテクストを理解するのはやはり難しい。
・コンテクストは本を読んでもわからないもの。ロールプレイや日常生活の会話のやり取りの中で感じ、理解していくもの。
・コンテクストは 「理解(把握)する」だけでなく、「感じる」「のる」ことが大切。そのどこから始めても良い。
・臨床心理の学びとしてロールプレイは大切。それをどのように継続するか? またその大切さを実証する研究はできないか?
思い出しながら書いてますが〜あれ〜他にもあったよな〜? まあ来週末に院生からの授業レポートが提出されるから、それを読ませてもらってまた学ばせてもらおうっと!
こんな風に学生から学ばせてもらえるのは教師冥利につきますよね。

« さあ2016年が始まりました! | トップページ

大学にて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95937/63382047

この記事へのトラックバック一覧です: ロールプレイの授業から学ぶもの:

« さあ2016年が始まりました! | トップページ