2014年12月31日 (水)

年末の学び その2 

 大晦日ですね〜慌しい中、何とかブログを更新します。
 12月26日から28日までの3日間、ヒューマン・ギルドで「SMILEリーダー養成講座」を受けてきました。これはヒューマン・ギルドが開発したSMILEという「より良い親子(人間)関係を学ぶプログラム」を実施できるリーダーになるための研修です。年末のこの時期だからこそ時間が取れた3日間でしたが、私にとっては今年を締めくくるような大きな学びになった3日間でした。
 参加者は私を含めて11名で、大学講師や親業のインストラクター、NLPプラクティショナー、心理カウンセラー、専業主婦など、皆なかなかの精鋭メンバー。臨床心理士が参加する研修が多い私にとっては、違う視点からの指摘があって、とても新鮮かつ刺激になりました。
 SMILEは8章46節で構成されていますが、この研修はその節ごとに30分間のリーダー体験をしてもらい、参加者からフィードバックをもらうことがメインの作業。私も2回リーダー体験をしました。最初のリーダー体験では、自分でもよくわからない緊張(?)があって、いざ始めてみると、早口で話の展開が早くなるという自分の悪い癖が出てしまいました。他にも参加メンバーから、「ちょっと」というセリフが多かった、動きが少し落ち着きなかった、軌道修正するのが早い、など自分としては痛いところを指摘され、まだまだだな〜と反省させられましたね。同じように他のメンバーのリーダー体験に参加しながら、そのデモンストレーションを見せてもらいましたが、皆さん苦労されていましたが本当に自分の持ち味を出していい感じ。それぞれのうまいところを参考にさせてもらいました。
 3日目は参加者全員が20分間で2回目のリーダー体験をしました。1回目の体験の反省をちゃんと意識して、皆さんさらにうまく進行していましたね。私も2回目のリーダー役はまずまずやれたかな? 最低でも早口にならないように気をつけました〜(笑)。 研修の最後は皆それぞれメンバー同士で「勇気づけ」を行い、感動のうちに終了。 しっかりと自分の課題をいただきながら、それに精鋭メンバーと一緒に取り組むことができた、というとても濃密な良い研修を今年の最後に受けられて本当に良かったです! いや〜楽しかった〜!!
 さて、今年ももう今日で終わり。このブログを始めたことに象徴されるように、今までなんとなく曖昧になっていた自分の「学び」を、再びしっかりと始めた1年だったように思います。この「学び」続ける姿勢を10年、20年と継続していくことが、私のこれからの人生の大きな課題の1つだな〜とあらためて確認できましたね。 さあ、来年もいろいろなことに対して、しっかり「学び」そして「世に貢献」していこうと思います。がんばっていこうっと!!

2014年12月29日 (月)

年末の学び その1

 この年末は昨日まで研修中心の10日間でした。学びの復習も兼ねて1つずつ書いていきます。

 まずは12月21日(日)は、私のオフィスで「勇気づけ勉強会(ELM: Encouraging Leader's Manual)」を行いました。このELMはヒューマン・ギルドが開発された「30分で勇気づけの研修ができる!」というプログラム。私のオフィスでは今年の6月に引き続いての開催で、講師は臨床心理士の山口麻美さん。今回も前回の続きとして、第7章「行動には目的がある!」から第12章の「勇気づけに必要な態度と技術」までワークと講義で「勇気づけ」について、楽しく学べました。

  ELMのプログラムの良いところは、豊富でユニークな内容のワークをしながら体験的に学べるところかな。ELMの学びの流れ方もとても良くて、まずシートにある問題を自分で考えてから参加者でシェアし、それから講義を聞いて理論を学ぶ、という感じ。この一連の流れは、勉強するやり方として、とてもスムーズに体験的に理論などを理解できるので、とても良いですね! 自分が行う研修にもぜひ採用してみたいやり方だと思いました。講師の山口さんの穏やかなゆったりとした進行も心地よかったな〜(こちらは自称ADHDの中年オヤジの私にはとても真似できません!笑)  来年は私もこのELMのトレーナー養成講座にぜひ参加しようっと!

 翌日の22日(月)の夜は、「駒沢ブリーフサイコセラピー研究会」に講師として参加。研修のタイトルは「ブリーフセラピー体育の時間」 。今年の最後は体を動かして研修締め、というコンセプトです。といっても実際に運動をするのではなく、ペアになってブリーフセラピーの様々な技法による「会話練習」を行うというもの。この「会話練習」は私が行う研修のパターンの1つではありますが、この日は本来は4時間くらいかけてやるワークを90分に凝縮してやった感じですから、いつもよりだいぶテンポアップしてやったかな?  年末の忙しい時期に30名の方が参加して、本当に楽しそうに会話練習をやってくれました。 参加者の皆さん、お疲れ様でした!  
  研修後に一部の参加者と駒沢大学駅近くの居酒屋で懇親会を行いましたが、う〜ん、研修後の一杯はまた格別ですね! 懇親会に参加した一人の方と来年のオフィスでの研修会の企画も相談できたし、こちらもとても楽しい忘年会になりました。
 そして昨日まではヒューマンギルドでSMILEリーダー養成講座を3日間受講してきました。こちらの方はまたあらためて書きます。(年内には書きたいな〜笑)

2014年12月 2日 (火)

感情のコントロールと勇気づけの研修

 昨日は日帰りで岩手県奥州市役所で職員研修を担当してきました。実は、奥州市は旧水沢市で私が幼稚園から高校卒業まで住んでいた町です。まあ縁あって故郷に錦、いや小錦を飾ったという感じでしょうか?! 知り合いに会えるかと内心期待していたのですが、残念ながら~でした。

  研修内容は主にメンタルヘルスについてでしたが、その流れを汲みながらアドラー心理学の「感情のコントロール」や「勇気づけ」についても少し取り上げて講義とワークをやってみました。

  感情のコントロールについては、最近では「アンガーマネジメント」といったようなコントロールよりも「マネジメント」という言葉を使うことが多いことや、アドラーが「感情はパートナーである」とか「感情は目的やメッセージを持っている」などと言っているように「感情とどうつきあうか?」というニュアンスをアドラー心理学の考え方からは感じられるので、「感情をマネジメントする」と言うようにしています。 今回は特に「怒り」の感情について講義とワークを絡めて進めていきました。みなさん(特に管理職研修では)怒りがたまっているのでしょうか、楽しそうに怒りについて語り合っていましたね(笑)。

  勇気づけの方も、いつものように展開させようとしましたが、講義が長めになってワーク部分が足りなかったようで、最後のほうは少し冗長気味になってしまったように思いました。勇気づけを取り上げる場合は、講師のほうから「こう言えば良い」という一方的な講義式で伝えるよりも、やはり参加者が自ら「こう言えば勇気づけかも」と思えるようなワークをしていったほうが良いのだと、あらためて痛感しましたね。うん、勇気づけの言葉や行為は自分から産み出すものが力のある言葉になるもんね~。

  帰りは担当者の方に新幹線の水沢江刺駅まで車で送っていただき、急いでお土産の南部せんべいを買って帰りました。また来年の2月にも真冬の奥州市に職員研修で来る予定なので、今度はしっかりとワークの時間とってセミナーを展開させようと思います。うん、日々精進ですね!

2014年11月 6日 (木)

大学でアドラー心理学の講義

   今週はアドラーづいていて、昨日は大学の「臨床心理学」の授業で、アドラー心理学の「考え方編」を講義しました。アドラー心理学の基本前提とも言われる5つ「個人の主体性」「全体論」「目的論」「認知論」「対人関係論」を少しワークを交えながら、お話ししました。今週初めにSMILEを学んでいたせいか、講義しながら即興でいろいろな実例や例え話が出てきやすかったですね。最初は(連休明けのせいか?)ノリの悪そうな感じだった学生達も、最後は熱心に聞いていたように思いました。
   私の授業は最後の10-15分は必ず学生にミニレポートを書いてもらっているんですが、それを読んだ感じでは、皆アドラー心理学に興味を持ってくれたよう。特に「個人の主体性」への反応•関心を示す学生が多かったのは、面白かったですね。
   「個人の主体性」とは、「自分の人生の主人公は自分である」と考えること。これだけだと「当たり前」と思う人は多いでしょうが、アドラー心理学では「あなたを作ったのも、あなたを変えるのも、あなたである」と考えるのが、この「個人の主体性」の意味なんですね。生きている中でいろんなことが起こる、それらを体験して、そこから何を得る(奪われる)あるいは学ぶ(学ばない)か、そしてさらに続く人生をどのように生きていくかは、自分自身で選択している。そう考えると、常にどのような時であっても、「今、自分ができることは何か?」と問いながら行動していくことは、この「個人の主体性」を取り入れていると言えるかもしれません。講義の後、ミニレポートを読んでみて、あらためてアドラー心理学の面白さ•奥深さを実感しましたね。来週は「実践編」として「勇気づけ」や「課題の分離」について講義する予定。評判の良かったワークも何か考えてみようっと!

2014年11月 4日 (火)

オフィスでSMILEを開催!

 11月2日〜3日という連休は、私のオフィスを会場にして、SMILE(Seminar of Mother & Father-child Interaction with Love and Encouragement)という研修を開催しました。SMILEは日本語では「愛と勇気づけの親子関係セミナー」といって、アドラー心理学をベースにした(タイトルにあるような親子関係に限定しない)人間関係のあり方について学ぶプログラムです。 ヒューマン・ギルドという新宿にあるアドラー心理学研修の総本山(?!)が開発したもので、私は今年の8月にもヒューマン・ギルドで受講しました。(講師はヒューマン・ギルド代表の岩井俊憲先生でした。) 以前から、是非自分のオフィスでもSMILEを開催したいと思い、企画して、今回実施に至ったという次第。この2日間は、さらなる自分自身のアドラー心理学の学びのため、8月に続いて2回目の受講となりました。 
 講師は臨床心理士の山口麻美さん。2年前くらいにブリーフセラピーの研究会でお会いして、その物腰の柔らかさにひかれて(?)、今回講師をお願いしました。山口さんもここ数年精力的にアドラー心理学をヒューマン・ギルドで学ばれた方です。
 2日間の研修は、朝9時半から19時までの長時間、みっちりと講義と演習と討論とロールプレイを織り交ぜるという形式で、山口さんが作り出す柔らかい雰囲気の中、受講生5名という少人数で、時間を忘れるくらい楽しく学べました。
 学んだ内容は復習も兼ねてここで少しずつ紹介していこうかな? SMILEのプログラムの素晴らしいところは、ただ研修を学ぶだけに留まらず、研修後の7週間にわたって日常生活で行う「課題」があるということ。その課題をちゃんと提出しないと修了証がもらえないというシステムになっているんです。 実は恥ずかしながら、8月に受講してから忙しさにかまけて、まだ2週間分しか課題をやっていなかったので、これから残り5週間分の課題をやっていくぞ!! ちなみに2週目の課題は「子どもを叱ることをやめ、子どもの適切な行動に正の注目を与える」。 「正の注目」とは、相手の行動に対して「良かったね」「助かった」などと勇気づけて関心を示すこと、声に出してポジティヴなフィードバックを行うことです。 うん、ここに書いた限りは、日々しっかり意識して、1つずつ課題をやっていこうっと!

2014年9月22日 (月)

いざ、秋田へ教員研修へ!

  今は秋田に向かう新幹線の中です。今月は先日の3大学合同ゼミ合宿から始まって、なんと3回も秋田に行きます。今回は秋田県総合教育センターの新任生徒指導主事の研修講師として、来週は秋田市内の中学校の教育講演会の講師としてです。秋田から離れてもう7年以上たっているのに、このようにお声をかけていただくのはとても光栄ですし、うれしいですね。
  振り返ってみると、秋田県総合教育センターの講師を担当するようになって12年もたっていました。12年連続ですから、内容がマンネリにならないように毎年工夫をこらすようにしていますが、今年は少し(現在精力的に勉強中の)アドラー心理学のエッセンスを多くして、グループワークの時間も多くとるようにしてみました。はたして参加者の反応はどうでしょうか?楽しみです。
  アドラー心理学の考え方は、以前から教育現場では取り入れやすいと言われていたのですが、このところのアドラー心理学ブーム(?)で注目・関心度が増してきたかもしれません。それに便乗するわけではありませんが、参加された先生方がアドラー心理学の考え方をしっかりと現場で使えるような、確実な学びを提供できればうれしいですね。
  自分が臨床心理士になる前は、もともと教員をやっていたこともあって、現場の教員を応援する仕事はいつになく力が入ります。こんな混沌とした時代において、様々な生徒やその保護者そして同僚教員とおつきあいしていくのは、想像しただけでも大変な仕事だと思います。現場の教員にとって、今回のような日常の仕事の合間の研修というのは、非日常の中での学びやリフレッシュ、そしてエンパワメント(要するに元気になること!)という意味合いは強いのではないか、とずっと思いながら教員研修の準備をしてきました。今日の私の研修を受けてくださった先生方が、明日からまた教育現場にもどって、元気にイキイキとお仕事できるような良い研修になるよう、がんばりまっせ!!